傷物語 -熱血篇- 考察と感想

作品自体のネタバレがあります。あと映画そのものの批判も結構あります。
9/4修正:3回目を見た上で、考察・感想の内容を赤字で追記・変更しました。

第一部の鉄血篇の感想・考察はこちら
第三部の冷血篇の感想・考察はこちら

まず前置きとして、2回3回観た後の考察および感想となります。
原作を読み直したところ、勘違いであった箇所がいくつかありました……申し訳ない。

今回は1週目に自分が見た劇場では水曜日には特典冊子がなくなっていました。ただまぁ週を追うごとに観客数は下がって行くんでしょうね。あまり批判はしたくないですが、限定特典で釣って映画を複数回見ることを奨励・推進・煽るような行為は気持ち悪いです。

・特典冊子について
熱血編では完結されないまま放置されている作品群では?の予想が3つ目にして外れたようです。刀語シリーズて。否定姫て。なにか残したことあったかしらん?というかだいぶ昔の人をどうやって現代に持ってくるんやろ。残りの○○フーガがなんの作品か、また最終週は何かとても気になりますね。

あと最後の3つが円盤に付く特典だと思っていたのですが、そうでなかっという……。一体なんなんでしょうね。熱血篇4週目はいおりフーガ。りすかや世界と同じグループでの配布ってこれは一体どういうことだってばよ…?まだ何か出る可能性が…?

続きを読む →