傷物語 -熱血篇- 考察と感想

作品自体のネタバレがあります。あと映画そのものの批判も結構あります。
9/4修正:3回目を見た上で、考察・感想の内容を赤字で追記・変更しました。

第一部の鉄血篇の感想・考察はこちら
第三部の冷血篇の感想・考察はこちら
まず前置きとして、2回3回観た後の考察および感想となります。
原作を読み直したところ、勘違いであった箇所がいくつかありました……申し訳ない。
今回は1週目に自分が見た劇場では水曜日には特典冊子がなくなっていました。ただまぁ週を追うごとに観客数は下がって行くんでしょうね。あまり批判はしたくないですが、限定特典で釣って映画を複数回見ることを奨励・推進・煽るような行為は気持ち悪いです。
・特典冊子について
熱血編では完結されないまま放置されている作品群では?の予想が3つ目にして外れたようです。刀語シリーズて。否定姫て。なにか残したことあったかしらん?というかだいぶ昔の人をどうやって現代に持ってくるんやろ。残りの○○フーガがなんの作品か、また最終週は何かとても気になりますね。
あと最後の3つが円盤に付く特典だと思っていたのですが、そうでなかっという……。一体なんなんでしょうね。熱血篇4週目はいおりフーガ。りすかや世界と同じグループでの配布ってこれは一体どういうことだってばよ…?まだ何か出る可能性が…?

閑話休題

ではここから本記事の要旨へ。
まだ2週残ってますが、気になったとこをバシバシと。どうでもいいことや何故削ったまで。

・ドラマツルギーと暦

アバン的な場面。学校のピロティ?な場所での対峙。ようは決闘開始直前。勝利したときの報酬をお互い確認しておこう的な。対峙している二者を見ると改めて実感するのがドラマツルギーのデカさ。普通足すくむぞ、これ。人間強度を取り戻したとは言え、よーこんな面持ちでいられたなー。

・羽川と遭遇

ちょっと導入が下手だなぁと思わずにいられなかったパート。
(初見さんは)どうして空手や野球の本を必死に読んでるのかがわかりづらくて仕方がない……ドラマツルギーの名前をつぶやくから戦いに用いるのかしら?と頭をかしげられるかも微妙である。せめて暦が唸っているのを原作のように独白のままにしておいて欲しかったですね。どうでもいいですが、原作では野球の本と一緒にクラシックの本を買ってましたがカット。

んで、羽川さん登場。時刻表記は鉄血編のようには今作は散りばめられてはいなかったはず。吸血鬼ともなると朝か夜だけの把握で十分てメッセージでしょうか。なので想像ですが、暦が心配するような時間だから22時くらいでしょうか。
暦が羽川とイジメ問題について話し合ったあとに腕時計で時刻を確認してました(21:35くらい)恥ずかしい……

そういや暦はどうやって本を買ったんですかね。本にポンと2000円くらい出せるくらいには普段から手持ちがあるのか暦は?車を卒業祝いで贈る家庭だからおこづかいが多そうだけども。でもドーナツ買うのに苦労してたりもするし……訳わからん。
物資補給をしてもらってるので、なけなしのお金をはたいたよう(参考:原作)ですね…

お前の財産が目当てだったんだ! の下りは面白かった。羽川の狼狽え顔が素晴らしい。映像化で面白さが見事ブーストされましたね。

んで、私の勘違いか、はたまた光源描写としては正しいのか分かりませんが、羽川が吸血鬼に会いたい理由を語る場面で、羽川の影が伸びてる一方で暦の影は描かれていないんですよねぇ。暦の周囲は暗くはなく照らされていたので印象に残ってました。んで暦の正面に居た羽川さんが見落としたとは考えにくいですが、どうしてこんなことになったのかが不明です。スタッフのミス?
3回目に見た時に気づいたのが、羽川が暦に声をかけた時点で、暦の影がない、羽川の影がある描写をしてました。うーん羽川さん、非日常現象を2回も見逃す?

・ドラマツルギー戦

校舎侵入はだめだろうが……!! グラウンドだと絵が地味になるからっていう事情からなんでしょうけども後述の事情に関わるのでちょっとモニョモニョ……
ただまぁ日常的に居たところは一種のホームであるので、屋上で上手く隠れることができるし、階段での立ち回りも上手いんだよだから暦もなんとかやれてるよてことなのかな。それはそれとして、いつから直江津高校はガラス張り教室になったんでしたっけ?
そういや校舎自体もパラレルワールド仕様でしたね。ワイのつまらん指摘です。ゴメンナサイ

原作を読み直すまですっかり忘れてたんですが、バンパイアハンター仲間にならないか勧誘してたんでしたねコヤツ。53人居る同胞のナンバー1にならないかと。さして物語に重要な要素でないので削られましたが。

あとは、吸血鬼であるドラマツルギーが吸血鬼を退治する立場にあるとキスショットが説明するとき、同族殺しは別に珍しくない、で会話が終わったのが残念ですね。別に人間も人間を殺さないわけないじゃろ?と500年生きたならではの醜い人間の有り様を原作同様に語って欲しかった。

屋上パートで1つだけ。ドラマツルギーさん、なんで飛び下りないの?チキンなの?

逆転パート。えぐい(直球)。重量感たっぷりの鉄球(?)をドスッと眼底に投げつけられたらそら、無理ですわ。もし食らったら再生に2日かかるとか言ってたローラーですが、再生時はどんな様子なんでしょうね。横たわった状態からビクンビクン震えながら徐々に細胞が生まれ変わっていくんだろうか。グロいね。

んでプロのプレイヤーなんだから後片付けをするのは当然だよなぁ? ローラー残ってるけど。そこは暦に任せて、教室の方に行ったのかな。ガラスどうするのかな。原作通りだとそこらへん気にしなくてもよかったのにねぇ〜(ニヤニヤ ドラマツルギーさん可哀想。必死にガラスの手配をしたり、机や椅子を並べ直してるんだろうか。
流していた血は消えてたので、片付けて(蒸発するか?)どっか行ったみたい。

羽川翼は見た! これほとんどの人が忘れているであろう、化物語1話のアバンに流れた1分足らずのシーンに出ていた構図なんですよ。しっかし目がいいね。羽川さん。矯正しているとはいえ1.0だとしてもよー見えるな―。暦に詰め寄ってくるときの迫力はもうちょい欲しかったり、特に暦のこわいこわいこわいドラマツルギーよりこわい独白も。
違和感にようやっと気づいたです。夜22時以降で決闘をしている中、無人の学び舎で電気を付けておく理由もねえんえで、だいぶ暗い中羽川があんな遠方から様子を覗き見れるのはおかしいですよう

細かい気づき。階段を登っていく暦に手伝いたい〜と声かける際、羽川さんガニ股になってませんかね。これ。気のせいかな。映るの1秒かそこらだけど。DAKARAの名詞(セリフ)に加え、白背景に小便小僧を出したけどもこれサントリーに許可取ったんでしょうか。スタッフロールにあるかは未確認。
気のせいでした。お詫び申し上げます。あとスタッフロールにクレジットがなかったので特に許可いらんやろ―の範囲でやってると思われ。ただBlu-ray or DVDで残ってるかは不明。(ダメだとカット多少変えることになるか)

みんな待ってたおパンツ様。本当にくだらない(笑)焦らすに焦らすから最後は羽川を手前に暦を奥にして、肝心のおパンツを見せてくれないのかとヒヤヒヤしてましたよ。

e8acf7ed

・右足取得と食事

食事がギャグ調になるのは仕方ないにしても、暦の驚きの無さ。やや人間から外れかかってますね。部屋を出て忍野との会話。最初なぜ忍野が居ない方向を向いて喋った暦……。原作読んでると、ミスリードがあることに気づけますね。命の恩人とは何のことか。
忍野が足を取り出したとき多少は驚いていますが、カットが変わると平常顔に戻ってるので化物に馴染みつつあるなぁーという印象を持ちました。

成長したキスショットがベーってするのカワ(・∀・)イイ!!

・羽川翼(通い妻)編

スクリーンショット 2016-08-27 15.12.45着替えやら日用品やらの物資をお届けなので、物資補給が正解。貯めてたお年玉やらを使って〜は削って欲しくはなかったなー。お礼は言ってるけども、結構な出費を羽川はしているわけで。あーでも原作にあったバトル漫画やらを差し入れた様子はなかったのでそこまでは……って感じなのかしら?とは言え、4月5日まで持たせる衛生用品ともなると結構な金額になる気もするが。

メスの顔になる暦を観られるのはここだけですよ!!(腹筋触られたとき)

んで申し訳程度に出てきたエッチな本。いやぁなんで初めた入ったっぽい部屋に置いてあるんでしょうねぇ(棒)

・エピソード戦

ワハハハハハ(見た人には分かるはず)

R12であることに気づいた人はそれなりにいますが、こうした配慮であのスプラッタな描写が可能になったってことで。あ、逆か? 多少流血に耐性が無い方にはキツかったのかもなーと。ちとそこらへんを踏まえた警告が欲しかったかも。次の冷血編は特に。

絵作りを派手にしようとするあまり、何やってんのと冷めた目で見られることも考慮してほしかった。舞台装置にドームとかないでしょ……せめて背景でしょ……

あとエピソードくんの十字架が消える(霧になる)原理が分かりませんでした。具現化しているってことでええのかな。じゃあ投げて取りに行かなくてもいいんじゃあ……?吹き飛んだ砂とかボコボコにした校舎の床とかの施設どうするのかな。原作通りだとそこらへん気にしなくてもよかったのにねぇ〜(ニヤニヤパート2
原作に思っくそ、服の一部のように扱ってる云々の描写がありました。なのでワシの勘違いです。ただまぁ投げたものを取りに行く理由は不明のまま。

端折るどころかカットされてたけど、バンパイアハーフそのものを知らない人に対してどんな特性があるのか説明しちくり〜 十字架耐性があるのは持っているから分かるけども。あと霧になれるのも実際なってるから分かるけども。だども。

羽川さんの臓物、埋めてお墓を立てたんですよね…吸血鬼ではないので消失はしないので。でも映画では暦が治療している中、カットが進んでいくと消えていると。腸はどこへいった?なにを想像するかはアナタ次第

・左足取得と食事

残念ながら食事シーンなし……!まぁ原作もそだったね。上品さが増したので輪切りにして、フォークやお皿使って召し上がるのかなと期待してた。おはだけになっても乳首が描かれなかったのはR18でないからですかね。乳首がないから、平気だもん!てか。

・羽川翼(通い妻)編2

スクリーンショット 2016-08-27 15.12.45

正しくは物資補給その2。ここで暦が全く食事をしていない(必要としてない)ことに気づいた人も多そう。暦の羽川への心情が段階を踏んで吐露されていくわけですが、うんまぁ怖いし引くよね。10日前に(暦の認識では)知り合った同級生のために尽くし、犠牲になることも厭わない姿勢は。とても重い。
読み直して戦慄…!! サンドイッチ、これオリジナルです!! なんてこったぁ。(人間の)食事には困らない。 後の 人間であることをあきらめろに繋がると思われる伏線か。

最終戦に向けて、必勝鉢巻ならぬ必勝パンツということで脱ぎたてホッカホカのお守り兼約束手形をゲット。家宝にしたくなるのは分かる。誰だってそーする。俺もそーする

・ギロチンカッター戦

なぜ友情パワーを削った!言え!

まぁこれは画面作りを派手にしたがための弊害ですかね。人間であることを諦めたこと、キスショットの眷属がどれだけのすごいかの顕示(ドラマツルギーが言ってた伏線か?)をしたかのでしょう。たぶん。

ギロチンカッターさんが十字架に括りつけられたような格好になったのはキリスト教の特務部隊?と言及したからかしら。吸血鬼の天敵である十字架を象ったものを自ら作ることにペナルティはなかったのかな?とかどうでもいいことに思考が行ったりしてました。

・その他

映像がなくなってからスタッフロールが流れるまで時間かかりすぎです。30秒くらい。
音楽も何もない状態は25秒あったかな。
これはわいの勘違いでした。すまぬ

以上、前回以上に長くなり、そして考察なんてなかったんや!の記事でした。
とりあえず残り2回1回はこれまで以上に演出の意図等を考えながら観ていこうと思います。
では

3件のコメント

  1. 阿良々木くんに影がなくなってたのは、吸血鬼になっていたからではないでしょうか?
    人間である羽川さんとの対比的な意味合いで、敢えて意図してそうしたのかなぁ、と私は思いました
    エピソード君の十字架の件はやっぱり可笑しいですね(笑)
    まあ絵的な面白さを優先したのだと思いますが……

    1. 返事が遅くなりました。ルートさん、ご意見どうもです。
      暦の影が無い件は下記のパーツ奪還にて言及しているとおり
      特に疑問を抱いているわけではないです。
      ・傷物語 -鉄血篇- 考察と感想
      http://surauki.net/?p=354
      仰る通り、映像表現でこそ可能な対比の狙いはあったのかなとは思います。
      ただ、本記事の感想で述べたとおり、吸血鬼の話をしていてかつ羽川を前にして
      影がない状態を描写したのは悪手だったのでは? という感想のつもりでした。
      なにせあの羽川です。気づかないはずがない、と物語シリーズを愛読してきた
      読者なら思い浮かべても仕方がないかと。 と自分なりの意見の補足でした。
      エピソードくんの件しかり、原作をあまりにも愛しすぎるあまり、ストーリーはおおすじ合ってても
      過程が違ってくると粗がないか無意識的探してしまってるようでよくないです・・・・反省。

  2. ドラマツルギー戦後の羽川がスカートをめくるシーンでの演出とBGMは笑えましたw
    同じくヒヤヒヤしましたね。原作を読んでいたので理解はできていたのですが、読んでいない方にはきっと分かりにくいでしょうね。
    演出やBGM、エンディングは個人的には最高でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)